新型コロナウィルス陽性者の発生について(5/10)

新型コロナウィルス陽性者の発生について(5/10)

 

 

日頃より当法人の事業運営にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 

 さて、以下の施設においてPCR検査を受けた結果、新型コロナウィルス陽性と判明しましたので報告いたします。

 

【No.1 ケアハウス福戸】

5/8職員1名(最終出勤日5/2)体調不良による受診の結果、陽性が判明。
5/9ご利用者1名 陽性が判明。

 

直ちに施設内の消毒作業、及び感染症対策マニュアルに基づく対応に切り替え、感染拡大の防止に努めております。現在のところご利用者・職員等の施設関連者に感染拡大や症状は見受けられませんが、併設するデイサービスセンター大荒戸のサービスは当面休止としました。
また、保健所ならびに関係各機関の指導に基づき5/9に職員・利用者合わせて16名のPCR検査を行っております。

 

【No.2 デイサービスセンター中之島】

5/9職員1名(最終出勤日4/30)PCR検査の結果、陽性が判明。

 

現在行っている感染防止対策の強化を継続し、保健所ならびに関係各機関から、この発生による濃厚接触者はいないとの判断を受けたこと、ならびにご利用者・職員等の施設関連者に感染症状は見受けられない状況を踏まえ、施設サービスは継続してまいります。

 

 なお、今後の状況につきましては法人ホームページを通じて随時ご報告いたします。

 

 ご利用者ならびにご家族・関係者の皆様にはご心配とご不安をお掛けしておりますが、引き続きご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

令和3年5月10日

 

 

社会福祉法人 長岡三古老人福祉会
理事長   田 中  政 春  

ページの先頭へ